会員規約
第1条(名称)
このスクールの名称は、NTメイクレクチャークラブ(以下「クラブ」と称します)と称します。

第2条(目的)
このクラブは、会員の皆様のライフスタイルを、より豊かで質の高いものとするため機会を広げ、皆様のメイク技術の向上を目的とします。

第3条(運営・管理)
クラブの運営管理は、株式会社NEWTYPE(以下「会社」と称します)が行ないます。

第4条(会員)
クラブ会員、(以下「会員」と称します)はこの規約に定めた事項に伴うものとします。

第5条(会員資格)
会員はこの規約を承認した方で、会社が認めた方とします。また以下に該当する方は会員資格がありません。
  • 健康状態に異常があり、医師から運動を禁止されている方
  • 感染症及び感染性のある皮膚病の方(但し、会社が認めた場合入会できます。)
  • 会員として、品位と社会的信用の無い方
  • 刺青(タトゥーを含む)のある方(但し、会社が認めた場合は入会できます。)

第6条(会員資格の譲渡)
会員資格は、ご本人に限ることとします。この資格は、譲渡もしくは相続その他、包括継承できないものとします。

第8条(入会手続き)
必要に応じてプライバシーポリシーを改定する場合があります。その場合は、当ページ内にてお知らせいたします。クラブに入会を希望する方は、所定の申込みフォームに必要事項を記入し、この規約を承認した上で、申込みを行うものとし、入会金、月会費、受講料等をご入金していただきます。

第9条(受講証)
  • クラブは会員に対して、受講証を発行しこれを貸与します。
  • 会員がスクール講座を受講する際には、受講証を提示するものとします。
  • 会員は受講証を第三者に貸与又は譲渡することは出来ません。
    貸与及び譲渡した場合には会員資格を失うことがあります。
  • 会員は受講証を紛失した際には速やかに届けるものとし、再発行には所定の手数料を支払うものとします。
  • 会員は会員資格を喪失した際には速やかに受講証を破棄もしくはクラブに返還するものとします。
第10条(会員資格の有効期限)
会員資格は、入会月より1年間有効です。ただし所定の継続手続き方法によって更新ができます。

第11条(会員資格の喪失)
会員は次の場合に会員資格を喪失します。
退会(第13条)、除名(第14条)、死亡のとき。

第12条(退会)
会員の退会は、会員資格の有効期限をもって退会したものとみなします。また、退会の意思表示を会員本人もしくはその保護者が行った場合にも退会とみなします。退会の意思表示がない場合は自動的に継続となります。

第13条(除名等)
クラブは会員が次の各号に該当すると認めた場合は受講の禁止もしくは除名をすることができます。
  • この規約、その他クラブが個別に定めた注意事項等に違反したとき
  • クラブの名誉を毀損し、または秩序を乱したとき
  • 故意または重大な過失により、クラブの施設、設備などを破壊したとき
  • 講師、係員の指示に従わないなどの行為によりクラブ運営に支障をきたしたとき
  • 入会に際して虚偽の申告をしたとき
  • 他の会員に著しい迷惑となる行為をしたとき
  • クラブが不適格であると判断したとき
  • クラブからの警告にもかかわらず、繰り返し利用規約に違反したとき

第14条(入会金)
会員の入会金はクラブが別に定める金額とします。

第15条(月会費)
会員の月会費はクラブが別に定める金額とします。

第16条(受講料)
会員は受講料が必要な講座では、全額前払いでその受講料を納付するものとします。 但し、スクールが指定した講座は、その一部の期間の受講料を前払いすることができます。

第17条(返金)
会員が納付した入会金、月会費、受講料は、会社に責任のある場合を除き、返金はいたしません。 但し、会員の都合でやむを得ない事情があると会社が認めたときは、一部返金をする場合があります。

第18条(営業時間)
スクールが別に定めるものとします。

第19条(盗難)
会社は、会員がクラブの利用に際して生じた盗難につきましては、クラブに責任のある場合を除き、一切損害賠償の責を負いません。

第20条(紛失物・忘れ物)
会社は、会員がクラブの受講に際して生じた紛失については、一切損害賠償の責を負いません。また忘れ物につきましては、原則として3ヶ月間保管した後、処分します。

第21条(責任事項)
会社は、会員が受講中の損害及び疾病、窃盗その他事故については、クラブに責任のある場合を除き一切の責任を負わないものとし、会員は損害賠償の請求を行わないものとします。

第22条(受講時の禁止事項)
クラブは会員に以下のことを禁止します。
  • 許可無く館内又は講座の撮影、録音をすること
  • 許可無く物品の売買や営業行為、勧誘を行こと
  • 他人を誹謗、中傷すること
  • 他人に対する暴力行為や威嚇行為
  • 痴漢、覗き、露出等公序良俗に反する行為
  • 危険物を館内に持ち込むこと
  • 喫煙場所以外での喫煙
  • 館内での署名運動

第23条(当日の受講を禁止させていただく場合)
クラブは会員が以下の場合に受講を禁止できます。
  • 刺青(タトゥーを含む)がある方(クラブが認めた場合は除く)
  • 伝染病、皮膚病、その他、他人に伝染するおそれのある疾患を有する方
  • 飲酒等により、正常な受講ができないと会社が判断した方
  • 医師から運動を禁じられている方
  • その他、クラブが正常な受講ができないと判断した方

第24条(変更事項の届出)
会員は、住所、氏名、電話番号等の変更があった場合には速やかにクラブに届けるものとします。

第25条(会員の損害賠償責任)
会員はクラブにおいて自己の責に帰すべき事由によりクラブまたは第三者に損害を与えた場合にはその賠償の責に任ずるものとします。

第26条(この規約の改定)
クラブは必要に応じ、この規約及び会社が定める諸規則並びには諸料金は、会社が必要と認めた場合は、改定する事があります。 尚改定した内容は全ての会員に適用し、一ヶ月前までに会員に告知するものとします。

第27条(講座の閉講)
クラブは、経営上必要のあるときやその他の事由がある場合に、講座を閉講することが出来ます。 尚クラブは危急の場合を除き、該当会員に閉講のご案内をするものとします。

第28条(クラブの閉鎖)
次の場合に会社がクラブを閉鎖する場合があります。
  • 地震などの天災地変その他外的理由による被害が大きく開講が不可能になったとき
  • 著しい社会情勢の変化、その他の事由が発生したとき
  • 営上必要があると認められたとき
尚、会社及びクラブは3ヶ月前までに該当会員に告知するものとします。

第29条(閉鎖時の会員資格)
クラブ閉鎖の場合、全ての会員は退会とします。退会に際して入会金の返還は行いません。 また、受講料に未経過分がある場合には原則としてその未経過分の返還も行いません。 さらに特別の補償も行わないこととします。

第30条(通知方法)
本規約及びクラブの個別注意事項に関する通知または予告は所定の場所に掲載・掲出する方法又は会員に直接書面でお渡しする方法により行うものとします。

第31条(会員の個人情報)
会員の個人情報は株式会社NEWTYPEの個人情報管理規定に依り保護し、お取扱い致しますが、その取得利用目的はクラブに必要な案内や連絡などの範囲で利用いたします。

第32条(会員の肖像権について)
クラブはカタログ等に会員の受講風景や活動風景を写真掲載することがあります。そのときは、プライバシーの面から、会員の肖像権等を侵害しないように十分に配慮することとします。

第33条(規約の発効)
本規約は平成24年3月期より発効します。

第34条(既会員の皆様の本規約の効力)
クラブは既会員に本規約の周知を計った後、既会員にも平成24年3月期より発効します。

株式会社NEWTYPE
Top